はせがわにっき

主に車とバイク、ツーリング関係の日記帳です。

カタナ3型レストア始動

あけましておめでとうと新年に更新し、ブログの更新頻度上げると誓って、はや2ヶ月と1週間が経ちました。

相変わらず抱負を守らない1年となりましたね。ちなみに体重は1キロ痩せました()

 

さてこの2ヶ月バイクはほとんど冬眠状態で、月に2回程、バンディットやカタナのエンジンに火を入れる程度でした。

ツーリングも最近は新しく始めた趣味、MTGに時間を回しがちで1回行ったっきり。

完全に出不精とかしてます。

 

そんな中、ついにカタナ3型のレストアを開始しました。 

取り敢えずアップハンにされたところをセパハンに戻す作業から。

 

f:id:hasegawaeiiti:20170311120650j:image

 

元々バンディット400のものらしき足回りが装着されていたため、41φのハリケーンセパハンを購入しました。

もう少し攻めたルックスにしたかったのですが、ハンドル位置が低すぎると距離を走るのが辛くなって、せっかく買ったのに乗るのが億劫・・・何てことになるのも嫌だったので、高さがそこそこ出せるハリケーンセパハンを選択しました。

 

「そんなことならアップハンのままにしとけや!」とショップのオーナーにもつっこまれたのですが、3型をレストアするにあたって、いくつかこれは抑えたいというポイントを決めていました。

 

①ハンドルはセパハン

②外装は極力純正に寄せる

(カラーリング、マフラーは変更予定)

③足回りは17インチの現代風足にする

 

この3点は絶対に抑えたいのです。

そして③は購入した時にすでにバンディット400の足回りに変えてあったので、クリアしていました。

 

f:id:hasegawaeiiti:20170311121356j:image

 

しかし①に関しては、3型オーナーでよく見かけるアップハン化がされており、②もテールがBW'sのテールに変えてあったりと、手を加える余地があります。

f:id:hasegawaeiiti:20170311121654j:image

 

ルノーマル買うのと、こういったカスタム品買うのどっちが良いのかわかりませんが、足回りの取り付け方が、私の脳内セッティングに近かったので購入しました。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回手を加えたのはハンドル周りです。

 

f:id:hasegawaeiiti:20170311121747j:image

 

生まれてこの方、トップブリッジを外したことがなく、オーナーやその日来ていたお客さん達に、やんや言われながら外しました(爆)

そしてセパハンの位置を調整し、取り付け。

 

f:id:hasegawaeiiti:20170311121909j:imagef:id:hasegawaeiiti:20170311121919j:image

 

その日中に移植までは無理だったので、取り敢えずアップハンも着けてます。

 

こう見るとハンドル位置がかなり下がってますね。そして断然セパハンがカッコイイ!

刀狩りなんて言われながら、昔の人たちは1型カタナをセパハン化していたくらいなのですから、3型はカタナの偽物と言われようとも、やはりセパハンが1番だと、個人的に思っています。

次はハンドル周りの移植を・・・と思っているのですが、昨日オーナーに電話したら、既に外装をバラし始めたと言い出したので、多分次にあった時はバラバラの状態での再会になりそうです(笑)